スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茜色の日々 8話(終)



  群司さんに善かれと思っていた行動が全て裏目に出た。


「…」
「…」

私が此処数日考えていた事を全て話し、其れを訊き終えた群司さんは少し複雑そうな顔をした。

「あの…本当にごめんなさい、群司さん」
「いや、あの、俺の方こそ…ごめん」
「え」

何故か深々と私に頭を下げる群司さんに唖然とする。

「茜の気持ちをよく知りもしないで…いきなり乱暴な事をして…酷い抱き方をしてしまって…本当にごめんなさい!」
「…群司さん」

(悪いのは私の方なのに)

でもこうやって素直に気持ちを吐露してくれる群司さんに愛おしさは増してしまう。

其れに

「…茜?」
「ご、ごめんなさい…こんな時に不謹慎なんだけど…群司さんがあんなに怒るほどに…其の、私の事を想っていてくれたのを実感して…」
「…」
「乱暴にされても…嬉しい…だなんて考えちゃう私、おかしいね」
「茜!」
「わっ」

いきなりガバッと群司さんに抱きかかえられ、其のまま押し倒された。

「本当茜…可愛過ぎ!頼むからもう…これ以上俺の理性、ぶっ飛ばさないでくれ」
「…」
「俺、仕事が辛いとか思ってない。寧ろ喜びさえ感じているんだ」
「え」
「俺が頑張った分、茜を幸せにする事が出来るんだと思ったら凄く力が漲って。そして家に帰れば大好きな茜がいて、美味しいご飯があって、食欲も性欲もすっごく満足させてもらっている」
「せ、性欲って」
「其れ、大事なんだよ。俺にとっては」
「~~~」
「だから茜は余計な事を考えないで今まで通りでいてくれ。いや、いてくれないと困る」
「…群司さん」

大きな体に包まれて、其の温もりに身を委ねているだけで私の心は癒され潤される。

「ん、茜、体火照ってる」
「…あの…群司さん…」
「俺が欲しいの?」
「…」

真っ赤になって俯いてしまった私は小さく首を縦に振った。




「ふぁっ、あっあぁぁんっ」
「あぁ…茜、茜」
「んっ、き、気持ち…ぃいよぉ」

グチュグチュと卑猥な音を立てながら私の中を激しく突く群司さんのモノを私は締めようとしていた。

「茜…凄い、もうヒクついてる」
「だって…だって…」

大好きな人に抱かれていると感じれば感じる程に私の中は激しく疼き、蠢いてしまう。

(好き、好き、大好き、群司さん!)

「…ねぇ、茜」
「っ…な、何…」

激しく打ち付けれている最中に群司さんは耳元で囁いた。

「茜が俺のために何かしてあげたいっていうの…あれ、まだ有効?」
「も、勿論、いつでも…あっ、そう思っている…よぉ──あっ」
「じゃあ…子ども、生んで?」
「……え」

瞬間、私は我に返ってしまい群司さんの顔を凝視した。

群司さんも腰を振るのを止め、私の顔を見つめながら続けた。

「子ども、作って生んで育てよう」
「…子ども…あ、赤ちゃん?」
「うん。俺、茜との子どもが欲しい。沢山、欲しい」
「…」
「そうしたら俺、もっともっと幸せになれる」
「…群司さん」
「──ダメ?」
「ダ、ダメじゃない、私も…私も群司さんとの赤ちゃん、欲しい!」
「…そっか」

其の時見せた群司さんのはにかんだ笑顔が堪らなく可愛いくて、思わず私の胸は高鳴ってしまった。

「群司さん…私、頑張るから…だから」
「ん、じゃあ沢山愛し合って幸せになろうか」
「はい!」

再開された甘い官能に私は身も心もドロドロに蕩けさせられてしまった。


こんな幸せな日々が送れる私は最高に幸せな奥さんなんだと、改めて群司さんと出逢えた奇跡や、今まで私を育ててくれた両親に対する感謝の気持ち、そんな色んな事を想いながらこれからもより多くの幸せを招いて行けるように頑張って行こうと思ったのだった。



茜色

★ランキングサイトに参加しています。
其々1ポチいただけると色んな意味で励みになります♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。