Darling Sweeper 17話



詠二も不正社員調査の対象者だった。


其れを訊いてとても恐ろしい気持ちになった。


(詠二…)


「確か既に接触されていた筈だ。この前調査報告書読んだ記憶がある」
「え?もう…終わっているんですか?」
「あぁ、順番にサクサクこなして行かないと研修期間中に査定、終わらないだろう」
「そ、そっか…」


詠二の調査がもう終わっているという事は…


(詠二も私と同じ様な方法で試されたって事──?!)


「何、心配そうな顔してるんだよ」
「えっ」
「なんだよ、気になる奴か」
「ち、違います!友だちだから、一緒に研修している仲間として──」
「怪しい焦り方」
「うっ」
「本当おまえって嘘つけない性分だよなぁ」
「……」
「気になるのか?結果」
「えっ…教えてくれるんですか?!」
「んな訳あるか!重要機密情報だ」
「そ、そうですよねぇ」


そんな事、解りきっていた。


隠密で行動している人が簡単に重要情報を云う筈がないって…


でも──


「なぁ、恵麻」
「…何ですか」
「梅原とはただの友だちだけって関係じゃないよな?」
「!」
「やっぱり。告白でもされた?」
「!!」


(な、ななななな何でそんな事──!)


「あー本当解りやすい…顔に出過ぎだ、おまえ」
「えっ?!」
「ちょーっとカマ掛けたらドンピシャかよ」
「カマ?!」
「そうか…恵麻に告白したのか…梅原って奴は…」
「!」


(きゃぁぁぁぁーまたすっごい顔してるっ!)


怒っているの?!


ものすごく怒っているの?!


「あ、あの、内野宮さん、確かに詠二からは告白…されましたけど、わた──」
「おい、おまえ!梅原の事、名前で呼んでいるのか?!」
「え?えぇ…名前で呼んでくれって云われたので…友だちだし別に…」
「赦さん」
「は?」
「呼ぶな」
「なんで」
「俺が実に不愉快になるからだ」
「…」


(我侭な思考だなぁ)


「いや…別に私が誰の事をなんと呼ぼうと其れは私の勝手では──」
「だったら俺の事も名前で呼べ」
「え」
「俺の事も名前で呼べ」
「……」
「覚えているよな?俺の名前」
「……」


内野宮さんの名前…


(名前…忘れる訳がない)


「呼べ」
「………か……か…」


『要』──そう呼べばいいだけなのに


「……か、かかか、かな…」
「…」
「か、か、かな……め、さん」
「さん、要らない。続けて呼んで」
「………か……かな、め…」
「なんでスムーズに呼ばないんだよ!」
「む、無理です!恥かし過ぎます!!」
「なんだよ、恥かしいって。梅原の事はそんな簡単によん──って…えっ」
「あっ…」


私と内野宮さんはほぼ同時に何かに気が付いた。


「──え」
「…えっ…えぇぇ」


しばしふたりの間に流れる微妙な空気。


「…恵麻」
「……」
「──そう、なのか?」
「……」


(まさか…とは思っていたけれど…)


私は…


私はやっぱり──


00000a31.jpg

★ランキングサイトに参加しています。

其々1ポチいただけると色んな意味で励みになります♪