Darling Sweeper 11話

内野宮さんが私の家に来る──なんとなくそういう流れになってしまって駅から電車に乗って6駅。駅から徒歩8分程の二階建てアパートの2階。部屋の前で鍵を開けようとした瞬間、いきなり気がついた。「あっ!」 「どうした」「……」(し、しまった…)今…部屋の中って確か──「問題発生?」「えっ?!」「別に気にしないけど」「……」今更内野宮さんにどう思われてもいいのかなと思った。最初から素に近い自分を晒して来たつもり…だったか...