スポンサーサイト

Darling Sweeper 5話

「ちょ、ちょっと!」「…」どうしよう…(何処に連れて行かれるんだろう)私はこれからどうなるのかという不安でいっぱいになりながらも、思いっきり抵抗出来ない自分自身に戸惑っていた。ロッカールームのある細い廊下の其の先、突き当たりのドアには【関係者以外立入禁止】のプレートが張り付いていた。だけど内野宮さんは其れを無視してポケットから鍵の束を取り出し、ひとつの鍵を選び鍵穴に差込み簡単に開けてしまった。(なん...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。