01月≪ 2018年02月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728

2018.02.19 (Mon)

Darling Sweeper 21話



高鳴る胸を押さえながらアパートに近づくと──


「あっ、姉ちゃん」
「美生?!」


アパート前にいたのは弟の美生(みき)だった。


部屋の明かりを点け、美生を入れる。


「おぉっ、なかなか綺麗にしてるじゃん。もっとめちゃくちゃだと思っていたのに」
「あ、当たり前よ、一応私、清掃会社の社員よ?!」


(あぁ…内野宮さんが片付けてくれててよかったぁぁ~)


あれから日数は経っているけれど、汚いのがほんの少しで済んでいた。


そっと心の中で内野宮さんに感謝した。


「其れさぁ…本当謎なんだよなぁー姉ちゃんなんかが業界大手のナギノクリーンカンパニーによく入社出来たよな」
「なんかがって何よ!私だってやれば出来るんだからね」


ひとつ年下の美生は私とは違って家事全般を無難にこなす。


だから余計に姉の私がこの歳になってもだらしがないと思われるのは不愉快だった。


其の結果、つい見え透いた虚勢を張ってしまうのだった。


「ふぅん…まぁいいや。其れよりもハイ、これ」
「何よ、これ」
「お義母さんから。入社祝い、遅くなってごめんねって云っていたよ」
「……」


美生は実家で父と義母と共に住んでいる。


私は高校をあえて寮のある学校を選んでいたし、大学も其のままエスカレーターで進学したのでもう何年もまともに家族と顔を合わせていなかった。


「──まだダメなの?父さんとお義母さんの事」
「別に…なんとも思っていないわよ」
「…姉ちゃんは知らないからさ…父さんの事も、お義母さんの事も」
「何よ急に──お父さんに何か吹き込まれて来たの?」
「違うよ。おれ、ずっと思っていた──っていうか…知ってたけど…黙っていた」
「何が」
「父さんの再婚の本当の理由」
「……え」


何故急に美生が私に会いに来てそんな事を云い出すのかが解らなかった。


だけど


「私の知らない何かがあったって云うの?お父さんの再婚に」
「うん…もういい加減姉ちゃんと父さんが雰囲気悪いの、厭だしさ…ずっと口止めされていたけどもう十年経ってるし云ってもいいのかなって」
「口止め?誰にされていたの?」
「──死んだお母さん」
「?! どういう事」
「お母さん、病気で入院していた時におれにこっそり教えてくれたんだよね。父さんをひとり残してお母さんがいなくなるのは心残りだから新しい奥さんを探したんだって」
「何其れ…どういう事?!」


美生の告白の出だしは私に相当の衝撃与えた。


「お義母さんって看護師だったじゃん?死んだお母さんが入院していた病院の。其の縁でふたりめっちゃ仲良くなったみたいで、お母さん、あの看護師さんは妹みたいだって云っていたんだよ」
「…そんな話、知らない」
「姉ちゃんには云い難かったと思うよ?だってなんか姉ちゃん、最初っからお義母さんの事嫌っていたでしょ」
「だって、お父さんと一緒に病院にお見舞いに行く度になんだかお父さんに馴れ馴れしいっていうか、お母さんの前でも看護師以上の接し方してて…厭だなって思っていたんだもん」
「あれ、みんなお母さんがお膳立てしていたんだって。父さんにお義母さんを勧めていたって感じで」
「…そんな」


(なんだろう…なんだか…)


厭な予感がする──


「勿論父さんは初めはお義母さんにはなんの気持ちもなかったと思うよ?兎に角お母さん一筋だったからさ。でも…いざお母さんが亡くなって…其処に共に大切な人を失くした者同士が慰め合っていたら…やっぱりそうなるんじゃないの?」
「…」
「死んだお母さんが最後まで自分を心配していたって知ったら…父さんは其の想いをなかった事には出来ないと思ったんじゃないのかな」
「…」
「つまり死んだお母さんの最後の願いは叶えられたって訳」
「…」
「お母さんはさ、自分の死期を悟ったと同時におれ達の事も考えて、父さんの事もおれ達の事も幸せにしてくれる人を探していたんだよ。自分がいなくなっても寂しがらないようにって」
「……」
「まぁ、お母さんの其の考え方がいいのか悪いのかは人其々の考え方なんだろうけどさ、いくらお母さんに『恵麻には内緒でね』って口止めされていたとはいえ、其のせいで姉ちゃんと父さんの雰囲気がずっと悪いのはおれ的に心苦しくてさ」
「……」


私だけが…


私だけが知らなかった父の本当の再婚の理由。


私はただただ呆然と美生の話を訊いているしかなかったのだった。


00000a31.jpg
★ランキングサイトに参加しています。

其々1ポチいただけると色んな意味で励みになります♪
00:00  |  ◆Darling Sweeper  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.18 (Sun)

Darling Sweeper 20話



月曜日──


「おはよう、亜里沙」
「おっす」
「おはよう──って…あれ?ふたり一緒に来たの?」


亜里沙がぽかんとした表情を私達に見せた。


「あぁ、一緒に出勤だ」
「詠二、声、大きい」
「えっ?何、ふたり、付き合うことになったの?!」

「付き合うっていうか…其の…」

「まぁ、お試し期間って感じかな?」


詠二の云った『お試し期間』という言葉が少しチクッと胸に刺さった。


(なんだか詠二に申し訳ない)


「えぇ?!どういう事よぉぉー」


訳が解らないと云う亜里沙に何処まで話したらいいものかちょっと考える私だった。



今日から私と詠二は駅で落ち合って一緒に出勤する事にしていた。


一緒に出勤だなんてなんだか子どもっぽい感じかなと思ったけれど、中々新鮮で愉しかった。


元々詠二と話をするのは愉しかったから、一緒の時間が増えたというよりお喋りの時間が増えたという感覚だった。



本社ビルのロビーに入ると、受付付近で女性社員と喋っている内野宮さんが目に入った。


(うっ!朝一で逢っちゃうなんて)


入った瞬間、内野宮さんは私に気がついたようだったけれど、すぐにふいっとそっぽを向いて女性社員と話を続けていた。


其の動向が何故か私にはとてもショックな事で、内野宮さんに無視されるというのが思った以上に堪えてしまっている私だった。


「大丈夫か、恵麻」
「え」


急にグッと肩を抱かれた。


私のおかしな様子に気がついてくれた詠二が気を使ってくれたらしい。


「う…うん、大丈夫…ありがとう、詠二」


私は内野宮さんの横を通り過ぎる時にあえて詠二の方を向いて内野宮さんを視界に入れないようにしたのだった。


(まだ内野宮さんを冷静に見るには…辛過ぎる)


胸が痛くて仕方がない。


失恋した胸はこんなに痛むのだろうか。


今までまともな恋をして来なかった私にはとては辛い経験だった。




昼休み──


携帯に着信メールが入っていたのに気がついて見た。


【こんにちは恵麻ちゃん。明後日の夜に時間が取れたのだけれど一緒にお食事、如何ですか?】


其のメールは社長からだった。


(食事の約束、覚えててくれてたんだ)


社長が私とした約束を覚えててくれた事が嬉しくて、私は直ぐに返信メールを送った。


【私は大丈夫です。是非お供させてください】


私は社長に話したい事が沢山あった。


其れは社長にしていい話なのかどうか迷ってしまう内容だけど…


何故か私にとって社長は、勤め先の社長というよりも昔馴染みの【奈木野さん】というイメージが強くてしょうがなかったのだった。



そして其の日の夜──


一日実習の訓練で疲れた体を引きずって家路に着いた私だったけれど、ふと遠目に見えるアパート前に人影があるのを見つけ一瞬にして気持ちが高鳴った。


(もしかして)


私は疲労困ぱいの体を奮い起こして急いでアパートに駆け寄ったのだった。


00000a31.jpg

★ランキングサイトに参加しています。

其々1ポチいただけると色んな意味で励みになります♪
00:00  |  ◆Darling Sweeper  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.17 (Sat)

Darling Sweeper 19話



内野宮さんが部屋を出て行ってから私はしばらく呆然と其の場に座り込んでいたけれど、日付けが変わる頃にやっと再起動し始めた──


とりあえず詠二へのメールの返信はもう遅い時間なので起きてからにしようと思った。


食事の後片付けをして、お風呂に入ってベッドに潜り込んだ。


静かな部屋の中、中々眠る事が出来ない。


考えるのはやっぱり内野宮さんの事ばかりで…


今更ながらどうしてあんな事を云ってしまったのだろうと酷く後悔した。


正直に自分の気持ちを打ち明けて、拒否された事がとてもショックだった…


(された──?)


いや、違う。


拒否したのは私。


これからは私だけを好きだと、一途になると云ってくれた内野宮さんの言葉に頷けなかった私自身の気持ちの狭さに落ち込んでいる。


好きなのに…


好きな人なのに、過去の事を気にし過ぎているとは思うけれど…


でもどうしても私にとっては妥協する事の出来ない事だったのだ。


(諦めた方がいいんだよね…この恋は…)


尤も諦めると云っても、内野宮さんがもう私を見放している。


こんな面倒臭い女…


誰だって厭だ、きっと──


「…」


(…詠二は…どうなんだろう)


こんな私を…


こんな私だと知っても気持ちは変わらないんだろうか?


(返信…どうしよう…)


メールの内容を考えていると次第に眠りに落ちていった私だった──




目が覚めてから詠二にメールを返信した。


返信が遅くなった事を詫びつつ、明日の日曜日に逢う約束を取り付けた。


(明日…詠二に話そう。私という女の事を…)


どんな反応をされるのかすごく怖いと思いつつも、何故か内野宮さんに打ち明ける時よりは気が重くはなかった。






「気にしないよ、そんな事」
「…え」


日曜日、お昼少し前に待ち合わせした詠二と昼食を食べながら、内野宮さんにした時と同じような話をした。


私は男の人に潔癖で、過去の女性関係をとても気にして浮気をする人を赦せないというような事を事細かに話した。


「正直オレは昔から女関係には疎かったから…恵麻のいう対象には入らないと思うんだ」
「…」
「オレ…恵麻がほぼ…は…初恋っていうか…付き合いたいって思えた女で…其の、大切にしたいし、浮気なんて考えられないし──」
「……」
「オレとしてはかえってそういう恵麻で良かったって思う」
「…あ」


テーブルに置かれた私の手を詠二がギュッと握った。


「オレ、絶対に恵麻を泣かせる事しないよ!だから…オレと付き合ってください!!」
「え、詠二…」


大きな声で告白されたのでお店にいた何人かにジロジロ見られて恥かしかったけれど、真っ赤な顔をしながらも真っ直ぐに私の目を見て云ってくれた言葉にほんの少し嬉しさが込み上げた。


「…詠二の気持ちは…嬉しい──けど…」
「内野宮さんっていう人の事…?引っ掛かっているの」
「……うん」
「ハァー参るなぁー本当。まさか恵麻がデキる男と噂の高い内野宮さんの事が好きだったなんてさ」
「……」


そう、私は詠二に内野宮さんの事も話した。


好きな人だけど、彼の女性関係の事で付き合うことを躊躇っているうちにフラれてしまったと。


「恵麻はまだ内野宮さんに気持ちが残っている。だからオレとの交際に踏み切れないでいる──そういう事?」
「…うん…端的に云うと」
「じゃあ、オレは待つよ」
「え?」
「今はそういう気持ちかもしれないけどさ、ずっとって訳じゃないと思うんだ。友だち以上恋人未満って感じでオレとの事…考えてくれないかな」
「でも…其れは詠二に失礼じゃ──」
「オレはそんな関係でも恵麻と繋がっていられるなら…其れでもいいと思っている」
「……」
「頼むから…付き合う前から答えを出さないで」
「…詠二」


私は詠二の気持ちに甘えてしまっていいのだろうか?


其れこそ気持ちが詠二に向いていないと思っていても…いつかは詠二の事を内野宮さん以上に好きになる時が来るのだろうか?


「よし!そうと決まったらオレ、恵麻に好きになってもらえるように頑張るから!」
「頑張るって…」
「頑張るって以外…言葉が見つからない~~」
「ぷっ…あはははっ、詠二、可笑しい」
「……うん、やっぱり恵麻は笑っている顔がいい」
「え」
「ずっとオレの隣で笑っていて欲しい」
「…詠二」


少し胸がキュンとした。


其の胸のキュンは…どういうキュンなんだろう?


(……はぁ)


なんだか厭な女っぽい。


あっちがダメならこっちって遠巻きに云っているみたいだなと思う。


だけど


自分自身の気持ちが定まらない今、私は詠二の優しさに甘える事にするしかなかったのだった。


00000a31.jpg

★ランキングサイトに参加しています。
其々1ポチいただけると色んな意味で励みになります♪
00:00  |  ◆Darling Sweeper  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.16 (Fri)

Darling Sweeper 18話



「梅原の事はすんなり名前で呼べるけど、俺の事は…恥かしくて呼べないって、其れってつまり──」
「……」
「おまえ…俺の事」
「───す……好き、みたい…です」
「!」


(認め…ちゃった…)


だって


だって仕方がないよね?!


すんなり名前が呼べるのと恥かしくて名前が呼べないって事は──


(其の違いってつまりは……)


「……わ、私…内野宮さんの事が…好き、です…」
「恵麻」
「!」


いきなりギュっと抱かれた。


「そうか、好きか…俺の事、そっかそっか!」
「あ、あの!で、でも────んっ!」


私が言葉を続け様としていたのにいきなりキスをされてしまった。


「んっ…」
「──っ」
「!」


(し、し、ししししし舌がぁぁぁぁー!)


内野宮さんの舌が私の…中にっ!!


「んっ、んんっ…」


クチュクチュと粘着質の音が酷く厭らしく私の耳に届く。


「──はぁ…恵麻…」
「んっ…ん、ん…んん───?!」


いつの間にか私は押し倒されて、着ていたシャツの裾から中に手を入れられていた。


思わず快楽に身を任せてしまいたくなりそうな雰囲気の中、私は一生懸命理性を取り戻そうとした。


「ま、待ってください!」
「──え?」


熱っぽい瞳に見つめられて一瞬怯んでしまったけれど、私はなんとか踏ん張って内野宮さんを押し戻した。


「…何?なんで俺を遠ざけるの」
「話を…訊いてください」
「話?」
「そうです。私、確かに内野宮さんの事…好き…です──でも…お付き合いは…で、出来ません」
「はぁ?何其れ」


一瞬にして内野宮さんは冷めた表情に戻ってしまった。


「好きなのに付き合えないって、意味解らないんだけど」
「そ、そうです…よね」
「解るように話して」
「……」


ずっとずっと胸の中に燻っていた気持ち…


其れをこの人に云ってもいいのだろうか?


不安に駆られていてもやっぱり思っている事は吐き出してしまった方がいいと思ったから…


私は内野宮さんには本音を語りたいと思い、思い切って話した。


「──私は11の時に母を病で亡くしました。父は母の事をとても愛していたから其れはもう…私以上に哀しんで、落ち込んで……だから私は母の分まで父や弟を支えようと思っていました」
「…」
「だけど……母が亡くなって…わずか一年で…私が中学に入学した年に父は…再婚したんです」
「…」
「其れも10歳も年下の人と。其の時父が『男っていうのは寂しい生き物なんだよ』って云ったんです。寂しい生き物って…そんなの男だけじゃない、女だって…大人だって子どもだって寂しいんです!そんな云い訳ってないんじゃないかと思い…父の其の言葉を訊いた瞬間私は、男性の女性に対する行動、関係に関しての考え方が…潔癖になってしまいました」
「…」
「私は…私だけを好きになってくれる人じゃなきゃ…厭なんです」
「…」
「浮気なんて論外です。だけど其れ以上に……」
「──遊びで複数の女と付き合って来た男はもっと論外」
「えっ」
「そういう事なんだろう?」
「………はい」
「其れは過去の事で、理由が仕事の為…と云い訳しても恵麻の中ではダメな事なの?」
「……」
「これからは恵麻の事だけを好きで、一途になる。仕事は仕事と切り離して考えてもらえないかと云ってもダメな訳?」
「……」
「──其処、黙られるとキツいんだけど…」
「す…すみません…でも私──」
「もういい」
「!」


そう静かに云い放った内野宮さんはスッと立ち上がって、其のまま部屋を出て行ってしまった。


静寂の中ひとり残された私。


「……内野…宮さん」


食べかけのパスタにサラダ。


ほんの数分前までは楽しい夕食の時間だった。


なのに


(どうしてこうなっちゃったんだろう…)


「……ふっぅ」


気がついたら涙が出ていた。


後から後から出て来て止まらなかった。


「うっ…うぅ…」


傷つけてしまった。


好きな人を私は酷く傷つけてしまったのだ。


今まで悩んで来たのは、本心を云ってこうなる事を恐れていたからなんだと改めて思い知った私だった。


00000a31.jpg

★ランキングサイトに参加しています。

其々1ポチいただけると色んな意味で励みになります♪
00:00  |  ◆Darling Sweeper  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.15 (Thu)

Darling Sweeper 17話



詠二も不正社員調査の対象者だった。


其れを訊いてとても恐ろしい気持ちになった。


(詠二…)


「確か既に接触されていた筈だ。この前調査報告書読んだ記憶がある」
「え?もう…終わっているんですか?」
「あぁ、順番にサクサクこなして行かないと研修期間中に査定、終わらないだろう」
「そ、そっか…」


詠二の調査がもう終わっているという事は…


(詠二も私と同じ様な方法で試されたって事──?!)


「何、心配そうな顔してるんだよ」
「えっ」
「なんだよ、気になる奴か」
「ち、違います!友だちだから、一緒に研修している仲間として──」
「怪しい焦り方」
「うっ」
「本当おまえって嘘つけない性分だよなぁ」
「……」
「気になるのか?結果」
「えっ…教えてくれるんですか?!」
「んな訳あるか!重要機密情報だ」
「そ、そうですよねぇ」


そんな事、解りきっていた。


隠密で行動している人が簡単に重要情報を云う筈がないって…


でも──


「なぁ、恵麻」
「…何ですか」
「梅原とはただの友だちだけって関係じゃないよな?」
「!」
「やっぱり。告白でもされた?」
「!!」


(な、ななななな何でそんな事──!)


「あー本当解りやすい…顔に出過ぎだ、おまえ」
「えっ?!」
「ちょーっとカマ掛けたらドンピシャかよ」
「カマ?!」
「そうか…恵麻に告白したのか…梅原って奴は…」
「!」


(きゃぁぁぁぁーまたすっごい顔してるっ!)


怒っているの?!


ものすごく怒っているの?!


「あ、あの、内野宮さん、確かに詠二からは告白…されましたけど、わた──」
「おい、おまえ!梅原の事、名前で呼んでいるのか?!」
「え?えぇ…名前で呼んでくれって云われたので…友だちだし別に…」
「赦さん」
「は?」
「呼ぶな」
「なんで」
「俺が実に不愉快になるからだ」
「…」


(我侭な思考だなぁ)


「いや…別に私が誰の事をなんと呼ぼうと其れは私の勝手では──」
「だったら俺の事も名前で呼べ」
「え」
「俺の事も名前で呼べ」
「……」
「覚えているよな?俺の名前」
「……」


内野宮さんの名前…


(名前…忘れる訳がない)


「呼べ」
「………か……か…」


『要』──そう呼べばいいだけなのに


「……か、かかか、かな…」
「…」
「か、か、かな……め、さん」
「さん、要らない。続けて呼んで」
「………か……かな、め…」
「なんでスムーズに呼ばないんだよ!」
「む、無理です!恥かし過ぎます!!」
「なんだよ、恥かしいって。梅原の事はそんな簡単によん──って…えっ」
「あっ…」


私と内野宮さんはほぼ同時に何かに気が付いた。


「──え」
「…えっ…えぇぇ」


しばしふたりの間に流れる微妙な空気。


「…恵麻」
「……」
「──そう、なのか?」
「……」


(まさか…とは思っていたけれど…)


私は…


私はやっぱり──


00000a31.jpg

★ランキングサイトに参加しています。

其々1ポチいただけると色んな意味で励みになります♪


00:00  |  ◆Darling Sweeper  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT >>