2017.05.31 (Wed)

紡ぎ愛 1話



私達はいつも3人でいた。


幼稚園の時に出会ってから3人共全然性格が違うのに何故か気が合って…


次第に3人でいる事が当たり前なんだって思う様になっていった。


だけど私達は成長するにしたがって気がついてしまった。



私達は男と女なんだって事に──







「亜矢、今帰り?」
「あっ、由弦くん──そういう由弦くんも?」
「うん。今日は早退しなかった」
「そっか、じゃあ一緒に帰ろうか」


私、高瀬 亜矢(たかせ あや)には幼稚園の時から仲のよかった男友だちが2人いた。


この由弦くんこと、二階堂 由弦(にかいどう ゆづる)は其の内のひとり。


頭が良くてカッコよくて器用に何でもこなして、何よりもいつも私に優しかった。


ただ心臓が弱く、体を動かす事に制限があった。



「そうだ、ねぇ亜矢。今度の日曜日時間ある?」
「日曜日?…えっと…ごめんね、其の日はちょっと…」
「そっか、残念」
「前の日の土曜日はダメ?土曜日なら時間があるんだけど」
「土曜日は病院の日で一日検査なんだ」
「…そっか…最近具合どう?」
「心配しなくても大丈夫だよ。悪くならないためにこうやって定期的に検査しているんだから」
「…うん」


由弦くんの心臓は体が大きく成長する毎に症状が悪化していると由弦くんのお母さんから訊いた事があった。


先天的な病気で、とても治療が難しいのだと泣かれた事もあった。



一緒の帰り道で其々の家のある方に向かうための曲がり角に来た。


「亜矢、家まで送るよ」
「え、いいよ。もう直ぐ其処だし」
「でも何かあったら…亜矢は女の子なんだし」
「もう、由弦くんは心配性だなぁ。大丈夫だよ。いざとなったらダッシュで逃げるから!」
「…そっか──じゃあね」
「うん、また明日ね」


本当に由弦くんは心配性だ。


自分が大変な時でも真っ先に私の事を考えてくれる。


余りにも優し過ぎて…


私は其の優しさに時々涙が出そうになるのだった。




由弦くんと別れて直ぐに声を掛けられた。


「相変わらず仲いいな、おまえら」
「あ、龍司」
「俺が先に亜矢見つけて声掛けようと思ったのによぉ」
「一緒だったの?声掛けてくれればよかったのに」
「出来ねぇよ。ゆづがいたんだから」
「…」


そしてもうひとりの男友達がこの藤島 龍司(ふじしま りゅうじ)だ。


龍司は由弦くんとは正反対の性格。


まぁ…頭はそこそこいいみたいだけど、とにかくやんちゃなのだ。


パッと見怖そうだからあんまり人が寄ってこない、見た目で損をしている残念な男だった。


「ゆづ、元気だったか?」
「心配なら話し掛ければいいのに」
「俺みたいなのが優等生のゆづの友だちとか思われると迷惑だろうが」
「…相変わらずだなぁ」
「なんだよ」
「本当の龍司は由弦くんと同じくらいめちゃくちゃ優しいって事」
「! ば、馬鹿云うな!お、おまえな、そんな事人に云うんじゃないぞ!」
「云わないよ」


他の人に云う訳がない。

龍司が本当はすっごく情に熱くて優しくて…

カッコいいんだなんて…


(其れは私だけが知っていればいいんだ)


「なぁ、日曜。何処行きたいか決めたか?」
「あ! あのね、雑誌観てて行きたいなって処があったの」
「何処?」
「電車で直ぐなんだけど先月出来たショッピングセンターでね──」



私には仲のいい男友だちがふたりいた。


だけど…


中学生になった私は、其の内のひとりが【友だち】という枠からはみ出している事に気がついてしまったのだった。



1ayu.jpg

★ランキングサイトに参加しています。
其々1ポチいただけると色んな意味で励みになります♪

00:00  |  ◆紡ぎ愛  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.30 (Tue)

わがままな芳香 30話(終)



明登と再会して一緒に住む様になって三ヶ月が経った。

其の間に私は明登の事を少しずつ知る事となった。


私と明登が路地裏で初めて出逢ったあの時、明登は今まで生きて来た人生の中で最低最悪のどん底状態にいたという。

未婚の母とふたり暮らしていたアパートにはひっきりなしに母親の恋人という男が出入りしていた。

いつも母親から『おまえは要らない子』『おまえのせいであたしの人生は狂った』『おまえなんかいなければいいのに』と罵倒されながら生きて来た。

そしてあの日、明登は母親に殺されそうになった。

母親が結婚を望んでいた恋人が母親の元から去って行ったそうで、去った理由というのが明登がいるからという取って付けた様なものだった。

母親に明登がいる事を知った上で交際を続けていたのに、いざとなると明登の事を理由にして破局を迎える。

其の繰り返しにとうとう母親は自分が振られる元凶である明登を殺そうとしたそうだ。

そんな母親から逃げ出した直後の明登と出逢ったのが私だったのだ。



「俺を必要としてくれる人間なんていないと思っていた。路地裏で生まれて来た事を呪い絶望していた俺を救ってくれたのが──芳香だったんだ」
「…」

いつもの様に熱い夜を過ごし、そろそろ眠りにつこうかという時に打ち明けられた明登の話を私は涙を流しながら訊いた。

だけどあの時

私は明登の元から去った。

私にとってはひとつの苦い思い出に過ぎなかったものでも、そんな状態にあった明登にとっては其れは結果的に更に絶望を与える出来事になってしまったのだった。

再会した時、明登が私に対して剥き出しにしていた憎悪の裏にはそんな訳があったのだと知ると益々私は後悔の念に晒された。


「あの母親はさ…結構辛い幼少時代を過ごして来たみたいで随分苦労したんだそうだ。あ、其れは母親が保護された施設の先生から訊いた話なんだけどさ」

明登の母親は一時的に公的施設に入所させられていた。

其処で精神的なケアを受け、明登と隔離されて生活する事で徐々に精神を安定させて行ったそうだ。

そういった背景から明登は母親とは極力顔を合わせない生活をして来たのだった。

明登は周りのサポートや援助を受けながら高校を卒業し、奨学金で大学に通っている。

「俺、勉強して働いて金貯めて会社起ち上げたいんだ。困っている奴をサポート出来る様な会社を。まぁ、まだ具体的にどういう事をやりたいかとか決めていないんだけど…今は大学行きながら其れを探しているって感じ」

沢山傷ついて来た明登が見つけたささやかな、でも壮大な夢を私も一緒に夢見る様になった。

「どーしようにもない母親だけど…だけど俺を産んでくれた事には今は感謝している。だって産んでくれなきゃこうやって芳香には逢えなかったんだもんな」

そういって微笑んだ明登の顔を私は一生忘れない。

大人と子どもの狭間の、ほんの僅かな時だけに見られるだろう何ともいえない笑顔が見られた事を奇跡に思う。

(あぁ…幸せにしたい)

私は心の底から明登をもっともっと幸せにしたいと思った。

愛おしさが溢れるまま、そっと明登の手を取ってギュッと握った。

「ん?」
「私も協力する。明登の夢を」
「…」
「お金貯めて、明登が望む会社を起こして、そして」
「そして?」
「私を社長夫人にしてね」
「ははっ、なんだそりゃ。そんなのになりたいのか?」
「結果的にはそうなるって話でしょう?いいから、叶えて」
「わがままだな、芳香は」
「こんなのわがままの内に入らないわよ。明登と夢見るささやかなものよ」
「…ん、解った。叶えてやる──っていうか、芳香のわがままは俺が全部叶えてやるよ」
「ふふっ、期待しているね」

一度は手放した玉の輿にはなんの未練もなかったけれど、でも好きな人となら其の夢を見たいと思った。


「芳香…ありがとう」
「ん?なぁに、いきなり」
「…別に、云いたくなっただけ」
「…そう」

徐々に眠りに誘(いざな)われ、ふたりくっついて夢の中に堕ちて行く。


ふたりなら何処までも行ける気がする。


いい事も悪い事もふたりで乗り越えて行って、そして



ふたりで幸せになろう──







1ay.jpg

★ランキングサイトに参加しています。
其々1ポチいただけると色んな意味で励みになります♪

00:00  |  ◆わがままな芳香  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.29 (Mon)

わがままな芳香 29話



ほんの一時間ちょっとの飲み会を終え、私は自宅に戻った。

「ただいま」

真っ暗な部屋に明かりを点けながら云う。

勿論返事をしてくれる人はいない。


『バイト終わったら速攻帰るから』


朝、出かける前に訊いた明登の言葉を反芻する。

「…ふぅ」

ペットボトルの水を飲みながらソファに沈み込む。

目に入った時計を見るとまだ22時前だった。

(バイト…終わるの0時だったよね)

明登がバイトしているケイスケの店は深夜2時まで営業だったけれど、明登は0時までのシフトだと訊いていた。

(まだ二時間ある)

もしかして昨日みたいに早く帰って来ているかも知れないと期待していた私は少し気落ちした。


苦学生だといった明登は昼間大学に通い、夕方から深夜までバイトに勤しんでいる。

休みの日以外の日常は結構すれ違う生活をしているのかも知れないと思った。

(其れでも一緒に暮らしている分幸せ、だよね)

落ちた気持ちを浮上させるべくいい事をばかりを思い浮かべる。

(短い時間でも傍にいられるし…其れが一番だよ)


明登と暮らし始めてからときめくような出来事が多かったのを反芻している内に意識が遠のいて行った。

(あぁ…ダメ、ちゃんとメイク落としてお風呂に入って…明日の朝ご飯のお米研いで…)

お米を研ぐ水が流れるイメージの処で意識は途絶えた。






──ユラユラ揺れている


「…ん」


──とっても温かな気持ちのいい中に漂っている様な…


「………ん…漂…う?」
「あ、起きた」
「……」
「ダメだろう、ちゃんと化粧落として風呂入らないと」
「……」
「いつも芳香が俺に云ってるんだぜ?風呂に入ってからベッドに入れって」
「…! 明登?!」

意識がハッキリした瞬間、ボチャンと大きな水飛沫が上がった。

「わっ、暴れんな、狭いんだからさ」
「な、なん、なんでお風呂っ」
「なんでって帰って来たら芳香がソファで寝ていたからさ。声掛けても揺すっても起きなかったから仕方がなく俺が風呂に入れてやってんの」
「…そっか…あれ…なんで起きなかったんだろ、私」
「疲れてんじゃないの?一日立ち仕事してんだろう?」
「…」
「あんま無理すんなよ。俺の事、構わなくてもいいからさ」
「…」

(なんか…優しい)

正式な彼氏彼女になってからの明登は以前の様な傲慢な俺様気質じゃなくなった。

私の事を考え、優しく接してくれる様になった其の変化は嬉しい誤算だった。

「芳香?どうした」
「…明登、優しいね」
「俺が優しいのは芳香限定だ」
「~~~」

欲しいと思っている言葉を直ぐにくれる。

そして

「目、覚めた?少しいい事、しよっか」
「いい事?」
「こういう事」
「んっ」

キスしながらお湯の中の私の胸を揉み解し、そして潤いを湛えた秘所に明登の長い指が這う。

「はぁ…ヌルヌルじゃん」
「んんっ…お湯が…中に」
「ごめん、もう挿入れたい」
「ん…来て」

明登と向かい合った私は少し腰を持ち上げ、雄々しくそそり立っている明登のモノ目掛けて腰を落とした。

「うっ…あっ」
「ふぁっ、あぁん」

ズブズブと深くまで挿入って行く感覚にゾクゾクした。


──明登は私が欲しいと思っている事も、ものも全て与えてくれるのだった


1ay.jpg

★ランキングサイトに参加しています。
其々1ポチいただけると色んな意味で励みになります♪

00:00  |  ◆わがままな芳香  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.28 (Sun)

わがままな芳香 28話



「あ…いたたぁ」
 
翌日腰を擦りながら売り場にやって来た。

「おはよう──って、なぁにどうしたの」
「あ、おはよう春菜。いや…ちょっと」

先に開店準備をしていた春菜が訝し気に私を見た。

「何よ~昨晩は盛り上がっちゃったって感じ?」
「あ~まぁ…」

春菜から冷やかされて蘇る昨夜の熱い夜。

(盛り上がり過ぎたわよね…)

明登への気持ちに気が付き、彼の胸に飛び込む覚悟が出来た私は何もかもが吹っ切れてしまっていた。

大学生だとか、年下だとか、将来不安だとか、そういった目先の心配は今は見えなくなっていたのだった。

(だって…やっぱりいいのよねぇ…明登の体も匂いもテクニックも)

思わずニヤけてしまう。

「うわっ、芳香、あんた今思い出し笑いしたでしょ」
「…うん、した」
「何よ何よ、今までにない反応じゃない!何があったか教えなさい!」
「えぇ~惚気にしかならないわよ?」
「いいわよ、この際。其れでわたしにも幸せのお裾分けしなさいよ」
「…」

春菜の云った『幸せのお裾分け』というのは私たちの間では『男を紹介しなさい』の意味になる。

どちらかに彼氏が出来た時、其の友だちを紹介しろという事なのだけれど──

「駿河さんの友人だったらレベル高そうだし!期待出来るわぁ」
「えっ!」

(しまった!…そうか、春菜は相手が駿河さんだと…)

此処に来て思い出した。

春菜は私が惚気ている相手が駿河さんだと思っているという事に。

(春菜は昨日私と駿河さんの間に起こった事を知らないから…当然か)


「芳香?」
「あ…えっと…ちょっと訳ありで~」
「は?何云ってるの?ひとりじめなんてズルいわよ」
「…」

(これはちゃんと明登との事を話した方がいいかな)

いつまでも隠しておく事もないなと思い、私は春菜に明登の事を話す事にしたのだった。




「はぁ?8歳年下?!大学生?!」
「もう、声、大きいから」

其の日の終業後、春菜を誘って立ち飲み屋に寄っていた。

居酒屋みたいな処だと長居しそうだったので、ごく短時間で済ませられる立ち飲み屋は都合がよかった。

「はぁ…芳香、犯罪者だったのね」
「人聞きの悪い事云わないでよ。不可抗力よ、不可抗力」

三年前、高校1年生だった明登と関係を持った事に春菜は若干の嫌悪感を持ったようだったけれど最終的には『なんだかドラマか漫画みたいな話だね』と笑って受け入れてくれた。

「しっかし勿体ないね~よかったの?其の選択で」
「…」
「駿河さん、なんの文句のつけようもない優良物件だよ?其れに引き換え…」
「其れは散々考えたの。誰がどう見たって訊いたって駿河さんの方を選ぶべきだって云われるの解っている」
「…」
「でも…気持ちが伴わなかったんだもん。心と体が駿河さんを拒否して明登を受け入れたんだもん」
「…」
「そりゃ歳を取る度に色んな不安要素が押し寄せて来るんだろうなって解っている。でも、でもさ」
「解ったよ」
「え」

春菜はクイッとグラスの中のアルコールを飲み干してタンッとテーブルに置いた。

「正直な気持ちに突っ走った末の後悔なら後悔にはならないでしょ」
「…」
「歳取ってから『あぁ、やっぱり玉の輿乗ってりゃよかった』とは思わないって事でしょう?」
「…多分、今はそう思う」
「おい、其処は『うん』ときっぱり云えよ」
「だってやっぱり思うかも知れないよ。思うだけなら」
「…」
「でも後悔はしないよ。絶対」
「…うん、其れが訊きたかったんだ」
「春菜」

私なんかの事を親身になって考えてくれる春菜の存在が有難いなと思った。

思ったけれど…

「しっかし8歳下の彼氏の友だち紹介しろって云うのは無理かぁ~」
「ねぇ、いっその事駿河さん、狙ってみない?」
「は?なんで、厭だよ」
「どうして?玉の輿だよ?其れに性格もいいし」

(本当…いい人だった)

あんな土壇場の状況で交際を断ってさっさとひとり帰ってしまった失礼極まりない私だというのに、駿河さんはあの後

『僕では沖野さんを幸せに出来ないんだと解りました。どうか沖野さんが幸せになれるお相手が見つかります様に』

なんてメールまで送ってくれたのだから。

(駿河さんにも幸せになってもらいたい)


「仮に好かれても芳香の事を好きだった男にはわたし、手は出さないって決めてんの」
「…春菜」
「あ~あ、幸せになりたぁい」
「…」

こんなにいい女の春菜に『幸せのお裾分け』をしてあげられない事が少し申し訳ないなと思ったのだった。


1ay.jpg

★ランキングサイトに参加しています。
其々1ポチいただけると色んな意味で励みになります♪

00:00  |  ◆わがままな芳香  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.27 (Sat)

わがままな芳香 27話



認めたくなかった。

悔しいと思いながらももうどうやっても自分の気持ちを偽る事が出来なくなっていた。

其れほどまでに私はうんと年下の彼に溺れてしまったのだから──


「ふっ…やっと素直になったな」
「…へっ」

私の下でニヤリと笑った彼はくっくっと笑い出した。

「俺の云った通りになっただろう」
「…」
「俺、云ったじゃん『そいつの告白を受けるかどうかはどうでもいい──仮に付き合ったとしてもあんたは俺の方が好きなんだって事を思い知るだけだからな』って」
「!」


其れは再会した其の日に云われた事。

駿河さんとの事で返事を迷っているニュアンスの事を告げると彼は自信満々にそう云った。

(あの時はなんて自信満々ないけ好かない奴なんだろうと思ったけれど…)

「心配すんなって、あんたの事は俺が幸せにしてやるから」
「…」
「俺が一番どん底にいた時を救ってくれたあんたは…俺にとっては女神其のものだったんだ」
「え…」

彼が小声で云った言葉がよく訊き取れなかった。

何を云ったのだろうと訊く間もなく彼は私の腕を引いてギュッと抱きしめた。

「いいから、あんたは黙って俺に愛されていなよ」
「!」
「俺はあんた以外の女、興味ないし、俺の全てで幸せにしたいと思う女もあんたしかいない」
「…」
「俺の全てをあんたにやるよ──だからあんたの全ても俺に頂戴」
「~~~」


なんだか無性に泣きたくなった。

先刻から鼻孔をくすぐる彼の甘やかな芳香と蕩ける様な言葉。

そして深く繋がっている場所が違和感なく熱くなっている。

(どうしよう…私、滅茶苦茶…好き!)

彼の事がこんなにも好きで、愛していると気がついた今、心も体もスッキリと温かなもので満たされている気がした。

(そうだ…私はずっとこれが欲しかったんだ)

度重なる男遍歴は、この唯一の温もりと安心感を探し求めていた果てのものだった。


「はぁ…もう…限界。芳香、動いて」
「ん…っ」

私は上体を起こし、緩やかに腰を動かし始めた。

「はぁぁっ…すっげ…ヌルヌルじゃん」
「んんっ…明登も…突き上げてぇ」
「! …名前」
「え」
「…何でもない。んじゃご要望に応えますか」

其の言葉と共に彼の腰が上下に動く。

ズンズンと突き上がる度に子宮の入り口を刺激する様にクニュクニュと擦れた。

其の快感はあっという間に私の中をビリビリと駆け巡って行った。

「はぅん!あっ、あぁんっ」
「くっ…ちょ…気持ちよ過ぎ」
「あぁん、あんあんあんっ」

ユサユサと上下に揺れる私を彼は下から妖艶な顔つきで眺めていた。

「芳香…エロい顏、してんな」
「あ、明登だって…っ」
「堪らない…」
「んんっ」

激しい擦れ合いはあっという間に私たちを絶頂へを導く。


甘く刺激的な夜はまだ始まったばかりだった──


1ay.jpg

★ランキングサイトに参加しています。
其々1ポチいただけると色んな意味で励みになります♪

00:00  |  ◆わがままな芳香  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT >>